リサウンド・エンツォ クアトロ

豊かな音に包まれる。パワフル補聴器。

中等度~重度の難聴向けの高性能聴覚ソリューション

  • 明瞭で快適な高品質の音
  • スムーズな接続性とダイレクト・ストリーミングを実現
  • 装用者の好みに合わせ全面的なカスタマイズが可能
  • 利便性の高い遠隔サポート
  • コクレア社の人工内耳と装用(スマートバイモーダル)

エンツォ Q 製品ラインナップ

中等度~重度難聴向けの最新のプレミアムクラスの補聴器は質の高い聴覚ソリューションであり、あらゆる方向からの音を高音質で、反響を生じることなく必要な利得を達成させ、様々な音源にシームレスに接続することができます。
遠隔調整とリアルタイム顧客サポート機能を備え、これまでになく強力でカスタマイズされた使用感が得られます。

 

テクニカルインフォメーションをダウンロード

BTE 88 タイプ

BTE 98 タイプ

 

カラーバリエーション

サポート

補聴器を快適にご使用いただくためのリサウンド・エンツォ クアトロのサポートページです。

サポートページへ

明瞭で快適、高音質

高性能チップ搭載

リサウンド・エンツォ クアトロは、当社最強のチッププラットフォームを基盤として構築されていながら、有益な最先端の音処理を実現できるよう全面的に再設計されています。その結果、明瞭で心地よい音が生み出され、多様な接続オプションが使用可能です。

明瞭な音

音の明瞭性は、高度~重度の難聴を抱える人にとってきわめて重要です。また、どの程度まで音を増幅したいかは、個人によって大きく異なります。サウンドシェーパー(周波数圧縮)機能を使用すると、重度の難聴ではこれまでの補聴器の増幅方式では聞こえない高周波の音も認識できるようになります。


聴覚アイコン

優れた音質特性

 

リサウンド・エンツォ クアトロTM は、
重・高度難聴者に音の強さと共に多く
のメリットをもたらす

ホワイトペーパーをダウンロード

全方位での優れたきこえ

難聴を抱える人にとって、騒がしい場所での聞き取りは大きな課題です。 

独自の指向性マイクロホンの適用アルゴリズムを有する両耳連動指向性Ⅲは、限られた実験室の環境での実現ではなく、実生活での確かなきこえを支援します。

改善された空間認識で、前方だけではなく全方位の必要な会話音を適切にお届けします。

心地良い音

関心のない音や不快な音が増幅されるとうんざりします。リサウンド・エンツォ クアトロ は、高度なノイズ制御で適切なバランスを実現します。環境適応システム II は正確な環境分析により音量を自動調節し、ノイズトラッカー II 雑音抑制は耳障りな背景音を、消音することなく快適なレベルに保つよう雑音抑制の設定を自動調整します。 

衝撃音抑制機能は、補聴器から聞こえると特に不快な突発的な衝撃音を瞬間的に自動で和らげます。

実耳測定

AutoREM 機能を使用すると、手動調整よりおよそ 15% 早く規定のターゲット利得に合わせられることが証明されています1。 

AutoREM では操作指示に従い手順を進められるため、聴力レベルと個人個人の外耳道の音響特性を加味した必要利得を各種の規定ターゲットに自動的かつ正確に簡単に合わせられます。 

測定データは NOAH データベースに保存され、後で実耳測定モジュールで確認できます

1. Koehler & Kulkarni, 2014

60%

騒がしい環境での前方の会話の認識能力が改善しました。2 装用者には側方または後方の会話が 従来より2 倍よく聞こえるようになりました。3

2. 無指向性マイクロホンとの比較による指向性マイクロホンの利点(当社データ)

3. 高度~重度の難聴者を対象とした、他社ビーム指向性搭載プレミアム補聴器との比較(Jespersen et al, 2017)

89%

の装用者は、衝撃音抑制機能を使用すると瓶や食器がぶつかるなどの衝撃音が柔らかくなると判定しました。4

4. Sjolander ほか、2019

より優れた接続性とダイレクト・ストリーミング

iOS や Android™ 端末から直接補聴器にストリーミングし、明瞭で心地良い音を楽しむことができます。

電話での通話やテレビの視聴、音楽鑑賞などが、ワイヤレスのステレオヘッドホンを使うのと同じくらい簡単になります。

音を通じて世界を広げる

ワイヤレス接続により、難聴を抱える人がアクセスして楽しめる音や情報、娯楽の境界が変わりつつあります。リサウンドの 2.4GHzワイヤレステクノロジーはシームレスかつ直感的に機能し、たとえば中継機器を必要とせずに iOS や Android 端末からリサウンド補聴器に直接ストリーミングできます*。

* Android 端末とのダイレクト・ストリーミングは、Android のv 10 以降、Bluetooth® のv 5.0 以降が必要です。リサウンドでは該当の端末にてダイレクト・ストリーミングの動作確認をしておりますが、ダイレクト・ストリーミング対応は、スマートフォンメーカーに依存するため動作を100%保証するものではありません。ご了承ください。

 

smart-hearing-alliance 

 

コクレア社の人工内耳を最適に補完

人工内耳を片耳に埋め込んでいる場合、もう一方の耳に補聴器を装用すると聞こえがさらに向上する可能性があります。コクレア社の人工内耳とリサウンド・エンツォ クアトロ または
他のリサウンド補聴器を組み合わせると、より理想に近いスマートバイモーダル装用となり、人工内耳のみの場合と比べ、騒音下での音声認識力、音源定位能力の向上、高音質を提供することができます。1-4

 

理想的なストリーミングでバイモーダルな聞こえを実現

リサウンド補聴器とコクレア社の人工内耳は同じワイヤレステクノロジーを使用しています。そのため、互換性のある iOS端末や Android デバイス、または各種のワイヤレスアクセサリーからコクレア社の人工内耳とリサウンド補聴器に同時に直接ストリーミングができます*。人工内耳だけを用いた場合に比べ、両耳に届く音量が大きく音質も向上するため4電話をしたり、お気に入りの音楽やテレビ番組を楽しんだり、レストランのように騒がしい場所でも友人との会話をスムーズに楽しむことができます5

* デバイスの互換性に関する情報については、cochlear.com/compatibility および resound.com/compatibility を参照してください。

  1. Ching TY, Incerti P, Hill M. Binaural benefits for adults who use hearing aids and cochlear implants in opposite ears. Ear Hear (2004 Feb); 25, 9–21.
  2. Morera C, Cavalle L, Manrique M, et al. Contralateral hearing aid use in cochlear implanted patients: Multicenter study of bimodal benefit. Acta Otolaryngol (2012 Jun); 132, 1084–1094.
  3. Potts LG, Skinner MW, Litovsky RA., et al. Recognition and localization of speech by adult cochlear implant recipients wearing a digital hearing aid in the nonimplanted ear (bimodal hearing). J Am Acad Audiol (2009 Jun); 20, 353–373.
  4. Farinetti A, Roman S, Mancini J, et al. Quality of life in bimodal hearing users (unilateral cochlear implants and contralateral hearing aids). Eur Arch Otorhinolaryngol (2015 Nov); 272, 3209–3215.y
  5. Preliminary data on file: Clinical evaluation of the Cochlear Nucleus© CI532 cochlear implant in adults (CLTD5685). 2019, Jan. [Sponsored by Cochlear].

 

Smart Hearing Alliance

コクレア社とGNはSmart Hearing Allianceを提携し、独自の共同研究を行っています。その為、補聴器と人工内耳がスムーズにスマートバイモーダル装用できるようになりました。最適なバイモーダルフィッティングが行えるように、コクレア社とGNは共同でマニュアルを作成しました。そこでは両者の音響的な表示を揃えているので、人工内耳と補聴器の2つの異なる機器を1つのシステムのように扱うことができます。Smart Hearing Alliance により、バイモーダル装用者に先進的なスマート技術を提供できます。

 

具体的な難聴治療については耳鼻咽喉科専門医とよくご相談してください。結果には個人差があり、結果に影響する要因については担当医師にお尋ねください。補聴器を使用される際には、必ず取扱説明書をお読みください。一部の国では、ご利用いただけない製品があります。

Cochlear, Hear now. および Nucleus、Kanso、Baha、および ® または ™ 記号の付いた楕円のロゴは、(特別に記述のない限り) Cochlear Limited または Cochlear Bone Anchored Solutions AB の商標または登録商標です。

リサウンド・スマート 3D アプリ

リサウンドの最新かつ直感的なアプリを使用して、リサウンド・エンツォ クアトロを簡単にカスタマイズできます。

更に詳しく

リサウンドのワイヤレスアクセサリー

リサウンドのワイヤレスアクセサリーを使うことできこえの幅が広がります。

更に詳しく

ワイヤレス補聴器の
互換性

リサウンドのワイヤレス対応スマート補聴器を使用するとほぼすべての音源からストリーミングが可能となり、音をいつでもカスタマイズできます。

更に詳しく

リサウンド・アシスト 遠隔サポート

どこにいても安心の遠隔サポート

 

いつでも、どこからでも微調整を送信

補聴器を装用しているお客様のリサウンド・スマート 3D アプリに直接微調整を送信することで、補聴器を遠隔で微調整します。 お客様の都合の良いときに連絡&補聴器の調整更新ができる「遠隔サポート」。「旅行中」「日中は忙しい」などのお客様におすすめです。

 

遠隔からでも対面式で接客が可能になります

どこにいても安心の遠隔サポートに、「ライブ機能」が加わりました。リサウンド・アシスト遠隔サポート ライブでは、専門家とお客様がビデオ通話を介して聴力テスト*や、補聴器の調整が可能になり、お客様はご家庭に居ながらにしてより快適で安全な補聴器調整や相談を遠隔で受けることができます。

*このサービスは様々な理由で外出が困難なお客様に提供する補助的なサービスとなるため、外出が可能になった時点で、耳鼻咽喉科の受診・聴力測定などを受け、販売店において対面でのフォローアップを行うことを推奨しています。

*このサービスを使用するには、弊社にて登録手続きが必要なため、こちらのフォームよりお問合せいただくか、弊社営業担当者へお問合せください。

ライブ機能について詳しくみる
assist-iphone

補聴器の機能に関する詳細はこちら

リサウンド補聴器に採用されている技術と機能に関する詳しい製品情報をご覧ください。

当社の技術の詳細はこちら

業界・技術動向のライブラリ

最新の業界と技術動向に関する資料を公開しています。

詳細をみる