5月30日(日)に予定しておりました『2021年度 医療・教育関係者向け臨床セミナー』は、開催地の東京都におきまして緊急事態宣言が発令され、皆様の安全を考慮して延期とさせていただきます。 延期の日程は8月後半を予定しており、準備が整い次第、当サイトにて再びご案内をさせていただく所存です。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

申し込む

【主催
  GNヒアリングジャパン株式会社

【日時
  延期になりました。日程が確定次第、お知らせします。

【参加費
  
お1人様 ¥3,000

【お申込み方法
  
インターネットからのお申し込み

【問い合わせ用メールアドレス
  
gnrjclg@gnresound.jp

【会場】
   確定次第、ご連絡します。

申し込む

タイムスケジュール

時 間

内 容

12:00

開場・受付開始 展示、タッチ&トライ コーナー オープン

13:00 ~ 13:05

主催者挨拶

13:05 ~ 13:20

リサウンド補聴器の最新技術紹介

13:20 ~ 14:10

基調講演1: 防衛医科大学校 耳鼻咽喉科学講座 講師 水足 邦雄 先生

講演テーマ:『内耳病態生理の最新知見−これからの難聴治療に向けて−』

14:10 ~ 14:40

コーヒーブレイク、 補聴器・機器展示、タッチ&トライコーナー

14:40 ~ 15:30

基調講演2: 済生会宇都宮病院 主任診療科長 新田 清一 先生

講演テーマ:『耳鳴診療の最前線』

15:30 ~ 16:20

座長講演: 慶應義塾大学 名誉教授 小川 郁 先生

講演テーマ:『耳鼻咽喉科診療における最新研究』

16:25 ~ 16:50

パネルディスカッション:

『新型コロナ禍における 耳鼻咽喉科診療』

パネリスト: 小川先生(座長)、新田先生、水足先生

16:50 ~ 17:00

クロージング

 

講演ドクターご紹介

小川 郁 (おがわ かおる) 先生

慶應義塾大学 名誉教授
慶應義塾大学 医学部 出身

耳鼻咽喉科をはじめとする、国内外の多くの学会の要職を務められる、日本の医学会を代表する世界的に著名な先生です。 数多くのご研究に携わってこられ、医療の発展に大きな影響を与えられました。
一方、NHKの「今日の健康」などにも度々ご出演されるなど、医療を分かりやすく解説されることで、一般視聴者の方にも親しまれ、とても人気がある先生です。

小川先生には、セミナーの座長をお願いしております。また、座長講演としまして、『耳鼻咽喉科臨床に関する最新研究』と題して、最新の研究成果や将来の展望についてご講演して頂く予定です。 医療・教育関係の方々は勿論、補聴器販売店の方々にも必見の内容です。
最近の著書:難聴・耳鳴り・めまいの治し方 (健康ライブラリーイラスト版)

 
新田 清一 (しんでん せいいち) 先生

済生会宇都宮病院 耳鼻咽喉科 主任診療科長
慶應義塾大学医学部出身

補聴器フィッティングにおいて、耳鼻咽喉科医師の積極的な介入と聴覚トレーニングの重要性を謳い、医療現場における補聴器診療の研究を続けて来られ、多くの実績を残してこられました。『宇都宮方式』とまで言われるようになった、医療における補聴器フィッティングの第一人者です。また、人工内耳や耳鳴り治療にも詳しく、日々多くの患者さんと接しておられます。専門家、一般の人、双方に向けた多くの著書も執筆されています。

今回は、「臨床現場における耳鳴り治療」と題しまして、実際の事例をもとに、患者さんへの対応、補聴器のフィッティング等について解説をして頂きます。
最近の著書:難聴・耳鳴りの9割はよくなる―脳を鍛えて聞こえをよくする「補聴器リハビリ」

 

水足 邦雄 (みずたり くにお) 先生

防衛医科大学校 耳鼻咽喉科学講座 講師
横浜市立大学医学部出身

1999年に慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室に入局後、小川郁教授に師事し
耳科学研究を行う。2009年から米国ハーバード大学にて研究を行い、マウスを
使った動物実験で薬剤による内耳再生治療に世界で初めて成功。
治療により騒音性難聴が改善することを証明し、現在世界各国で同様の手法の
臨床試験が行われている。2014 年より、防衛医科大学校において手術、補聴器
診療など耳科全般を手がけながら、難聴の病態や治療の研究を行っている。

水足先生には、『内耳病態生理の最新知見−これからの難聴治療に向けて−』
と題して、現在までに明らかとなった様々な内耳性難聴の病態について講演し、
さらに現在進行中の新たな治療法の見通しについても解説して頂きます。

受賞歴
2013年6月 International Otopathology Society, Samuel Marchant Prize
2013年11月 慶應義塾大学医学部 三四会奨励賞
2013年11月 International Otology Society (Politzer Society), Politzer Prize
2018年10月 日本耳科学会賞

 



新型コロナウイルス対策について

今回のセミナーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、以下の対策を実施致します。

 

・蜜を避けるため、基本的にお一人様1テーブルを原則に、広めのスペースを確保致します。

・受付にてアルコール消毒、並びに検温を実施させて頂きます。 37.5℃以上の方にはご参加をお断り申し上げます。

・会場内では、ご講演者、スタッフ、並びにご聴講の皆様全員にマスク着用を必須とさせていただきます。

・会場内では、飛沫防止のため、会話は最小限に止めて頂きますようご協力をお願い致します。

・途中の休憩時間には、お一人お一人にお飲物(コーヒー、お茶等)とお茶菓子をお運びいたします。

・万一、市場で急速な感染拡大が報じられた場合には、セミナーを中止させて頂く場合があります。

 

申し込む